PRESENCEプレゼンスあり方

PRESENCEプレゼンスあり方

「プレゼンス」という屋号に変えました。

私は『あり方』と解釈して使っています。
自分のあり方を外見で表現できるように
それをサポートをするのが
私の仕事です。

この仕事を始めた当初は
『あり方』という意識はありませんでした。

似合うものを着ると
楽しい、ワクワクする、うれしい
そして
誰でも、綺麗になれる、おしゃれになれる
そして、それが自信になって
内面からの輝いてくる

それが女性の毎日を潤し
人生をも豊かにすると…

そんな風に思って、多くの人に
伝えたいと持っていました。

今もそれは変わりはありません。
そんな女性をたくさん側で見てきましたから。

『あり方』というのを意識したのは
起業して間もない頃のお客様との出会いでした。

入園式をひかえたお子さんがいる
若いお母さまでした。
初めての入園式でのスーツの相談で
お買い物にも同行し、似合うスーツを探しました。

オススメしたジャケットの中で
特にお似合いになったものは
ご予算をオーバーしてしまうものだったので
その場では決めずに、保留するという事で
別れて帰宅されました。

数日後、メールをいただきました。

悩みましたが、あのジャケットを購入しました。
価格や着回しを考えると迷いましたが
あのエレガントな感じが『こういう風になれたらいいな』という
理想の雰囲気だったので、
なりたい姿に近づくという意味で、ベストな服だったと思います。
素敵な服を出会わせてくださって、ありがとうございます。

こんなメールでした。

まさに、
こんな自分になりたいとイメージして
それに近づくために、服の購入を決められました。

この時のことが
本当に心に残っていて、このお客様に
教えていただいたと思っています。

ただ、好きだから
似合うから、というだけではなくて
未来の自分をイメージして
こんな自分になりたいとイメージして
そんな時に自分はどんな服を選んでいるかと
いう視点で、服を選ぶんです。

自分は、「どうありたいか?」
『あり方』で服を選ぶんです。

選んでいる服は
あなたの『あり方』を表してくれます。
さらに加えると、多くの人が
ファッションの悩みや迷いをもっています。

それは、現状に満足していないという事ですが
何に満足していないのかが
よくわかっていないですね。

でも、服は必要だったり
自分を変えようとして
お店に出向きます。

一番身近なのは
ショップの店員さんです。
服に関してはとても親切にアドバイスしてくれます。
コーディネートもしてくれます。

でもそのアドバイスは…

その場限りです。
今、困っていることは解消されたとしても
満足できていないことは
きっとループします。

どうしたら満足するのか
何が原因なのか?
どうなりたいのか?
どんな風に見られたいのか?

そんな想いはあったとしても
それを、自分の外見・ファッションに
転換するのが…難しいんです。
イメージできなくて、困っているのです。

このファッションに転換するのが
私の仕事なんです。
お店の店員さんではそこまでは関われない。

あなたの過去現在未来を踏まえて
あなたのどうなりたいかを
ファッションに反映させるのが
私の役割です。

わかりやすく言うと…

職場でバリバリとリーダーシップを
発揮したいなら
可愛い服ではないということです。

人の悩みや相談を受ける人が
上から下まで
真黒な服を着ていては
誰も心は開いてくれません。

こうありたいと思う自分を
ちゃんと見えるように、外見で表現するのです。

そうすることで、
不思議なことに、その外見は
自分をそうありたいと思う

そんな世界が見えてくるとしたら
外見を先に変えていくだけなので
案外簡単なことなのです。

それが装いの力であるし
ブレない自分を作る方法だとも思います。

提供サービス一覧
《コースメニュー》
  大人の装いベーシックコース
  私全開ファッションコンサル・スタイリングレッスン
  戦略的外見スタイリングレッスン

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする